NISA枠の120万円は1日で使い切れないの?

米国株

2021年分のNISA枠、120万円分の注文が可能になりました。

QQQかVOOかVUGか迷いましたが、VUGを買うことにしました。

月に10万円分ずつ買って年間で120万円にするか、一括にするか…

分けて買うと買付手数料が約6,000円、一括だと約2,300円

差額の3,000円なんて少し株価が動いたぐらいですが、何か勿体ないので一括で買うことにしました。

ですが、その時の株価と為替を考慮した株数を設定しても注文できない。

少し余裕を見て注文してもダメでした。

買うなってことか?

折角なので、色々と試してみました。

NISA枠で米国株を発注した場合

SBI証券のホームページに以下の記載がありました。

https://site3.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_foreign&cat1=foreign&cat2=us&dir=us&file=foreign_us_03.html

株価に上乗せレートの103%と為替レートに105%とかなり余裕を見ているようです。

でもこれだとNISA枠120万円を一括で使い切れません。

実際の価格と為替で再計算されて、数万円分のNISA枠が戻ってから再度買い増すことになってしまいます。

これだと買い増すときにまた手数料がかかってしまいます。

数百円ですが…

VOOに変更

う~ん、何か出鼻をくじかれてしまった…

やっぱりVUGはやめてVOOにしよう。

手数料もかからないし、バランスを考えるとVOOかなと。

取りあえず12月30日にVOOを1株購入しました。

NISAの計算

上乗せされて計算されています。

ですが、翌実の昼間には以下のように再計算されていました。

実際の購入価格:35,739円

仮価格:37,640円

差額:1,901円

5.3%ぐらい上乗せされて仮計算されていました。

これだとQQQやVOOをNISA枠を使って一括で買っても、翌日以降に1~2株を買い増さないといけないようです。

NISAって何となくは理解していますが、細かく調べるとホント分かりづらい…

ロールオーバーや新NISAなども調べないと…

コメント

タイトルとURLをコピーしました