【公開】2020年の年収

お金

会社から源泉徴収票が届きました。

2020年の年収は560万円でした。

もう少し欲しかったな…

税金

手取りは423万円です。

  • 所得税:16万円
  • 住民税:27万円
  • 社会保険料:94万円
  • 合計:137万円

やはり税金と社会保険料(年金、健康保険)が高いです。

源泉徴収票をよく見てみると基礎控除額が38万円から48万円に増えています。

控除が増えれば支払う税金も減りますが、同時に給与所得控除が10万円引き下げられているので、年収850万円以下のサラリーマンには影響がありません。

今回の税制改正は稼いでいるサラリーマンの税金が増えて、普通のサラリーマンは変わらず、個人事業主は税金が少しだけですが減ります。

来年から個人事業主の予定ですので助かります。
(e-taxにて青色申告が必要ですが)

あと源泉徴収票には住民税が記載されていません。

いつも思いますが、サラリーマンに税負担を感じさせない国の策略だと思いますw

毎月給与から自動で引かれて、源泉徴収票にも書いてなければ気にしない人も多いのではないでしょうか。

所得税、住民税、健康保険、年金と分けて徴収することによって国民の目を欺いているとしか思えないです。

2019年の年収

昨年の年収も560万円でした。

今年は基本給は8,000円ほど上がりました。

給与8,000円×12ヶ月=96,000円
賞与約2ヶ月分×2回=32,000円

計128,000円上がりましたが、コロナの影響によりボーナスが同じくらい下がってしまいました…

平均年収

給与所得者の平均年収は420万円、中央値は360万円のようです。

それと比べると貰っている方かなと思ってしまいますが、これは非正規社員や女性も含んだ平均です。

40代前半、男性、大卒の平均は744万円にもなります。

データは見つかりませんでしたが、さらに東京勤務と条件を絞れば800万円は超えそうです…

稼いでいる人は稼いでるし、ニュースを見れば年収300万円以下で頑張っている方も多いようです。

私のサラリーマン人生は平均より少し下という結果かな…

サラリーマンは本当に辛かった…

というか私には合わなかった…

これからは投資と個人事業主として緩く生きていこっと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました